6月8日のプクッチの戦略

 ベージュブック待ち。


 昨日は中国がドルに対するダメ出しとハゲのハト派的発言によってドル売りの流れは継続。

 欧州では指標やギリシャ問題でユロヨイショでユロ買い、米ではハゲが「依然として緩和的な金融政策必要」と発言したことからドル売り。

 ドル円もそれに反応して80円を割り込んだが、80円を割ったところでは買い意欲が相変わらず強い。


無題
 チャートは


 明日に控えるECB政策金利発表や20日に控えるEU会議を前にユロドルは乱高下を続けているが(チャート右下)、バイザルモアセルザファクトの展開になるか。

 利上げしてギリシャ救済というのが市場のコンセプトだと思うが、その期待感がかなり織り込まれていると思うので、このままユロドルが上昇するかは謎。

 ハゲの泣きは何となくQE3に含みを持たせた発言。

 ユロとドル、どっちも弱いんで一方的な展開になりにくい。

 ドル円は1H足を見ると、もう長い間狭い幅のレンジを続けている。

 三尊を形成して下抜けするか、レンジの上限を突破するかは微妙なところ。

 金相場は利益確定の動きで弱含んだが、某金融レポートに拠れば1650ドルまで上昇するとの見方から押し目買いが入るか。

 原油相場も上昇している。

 ドルに対する信用が剥落していってるように見える。

 こういった展開の中、今日のベージュブックの内容に注目。

 タカ派的だった連銀総裁が昨今の米指標を受けて泣きが入っているようだとQE3の実施が現時的になってくる。

 そうなるとドル売りパワーは倍増。

 今月のFOMCに向けてドル円は80円を割って70円台に停滞する可能性あり。

 しかし、日欧米ともに弱いもの同士であって不透明な展開は続く。

 どこかで大きく噴き上がってくれればドル円ショートも仕掛けやすいが、このレベルではリスクが高すぎる。

 とりあえずはベージュブックを待ってドル円の売りポジションのタイミングを計りたい。

 ポイントはフィボナッチライン。

 ユロドルは今日の欧米の指標で泣きあうか。

 EFSTの負担額は増えており、この辺も微妙に欧州のソブリンリスクを刺激しそう。

 ユロは利上げまでは期待感で上がるだろうが、その後はソブリンリスクが意識されるだろう。

 まさに噂で買って事実で売れの展開になりそう。


 ちょっとクリック証券のチャートが変わりましたね。

 レートを見ながらチャートが見れるのは使いやすいと思います。

 
 それじゃあ、また明日。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
旧ブログ→プクッチイズム


 『マネパの外貨両替・受取サービス』のポイントは下記のとおりです。

┏━☆★━・━・━・━━ここがポイント! ━━・━・━・━・━━┓

  ☆ポイント1:両替手数料が格安☆
  当社なら、空港や銀行で現金を外貨に両替した場合と比較すると、
  格安で外貨両替が可能です。
   - ? ─ ─ ─────────────── ★
   【1,000USドルあたりの両替手数料】
    
     約1,000?約2,000円の節約!
   
  ★☆★当社の場合:1,000USドルの場合⇒ 約206円+(500円※)
    ★空港の場合:1,000USドルの場合⇒約2,000?約3,000円
    ★銀行の場合:1,000USドルの場合⇒約2,000?約3,000円
    
  ※成田受取の場合は別途事務手数料500円が発生いたします。
   
   - ? ─ ─ ─────────────── ☆
   
   【1,000ユーロあたりの両替手数料】

     約3,000円の節約!

  ★☆★当社の場合:1,000ユーロの場合⇒約211円+(500円※)
    ★空港の場合:1,000ユーロの場合⇒約4,000円
    ★銀行の場合:1,000ユーロの場合⇒約4,000円

外国為替証拠金取引|マネーパートナーズ


スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

pukuttch

Author:pukuttch
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1194位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
384位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR