6月24日のプクッチの戦略

 金曜ゆえ手仕舞い&様子見。


 昨日はIEA絡みのネタで一旦ユロは売り込まれたものの、その後IMF絡みのギリシャネタでユロは買い戻し。

 米指標は住宅指標こそ多少改善の数値が出たがイニシャル・クレームは改定値と共にあまり良くない数値。

 ハゲ発言などからある程度織り込み済みとは言え、相変わらず雇用状況は好転していない。

 焦点は次回ISMや雇用統計か。

 半期に一度のハゲ証言も注目される。

 ハゲは「現在のFRBは立場が異なる」として前回のQE2実施の状況とは違うことを強調。

 一見QE3に否定的な内容に思えるが、「状況次第では追加刺激策もあり」と言っていることから証券購入や銀行間金利の引き下げを匂わせている。

 これがISMが景気の目処である50を割り込んでくるようになり他の雇用統計を含めた経済指標が悪化すると、8月末辺りを目処にQE3の実施が現実的になる可能性もある。

 ハゲの発言には常に注意していたい。

 多分、ハゲは更なる金融緩和に踏み切ると思うがな~。

 今日は独IFO、EU首脳会議など再び欧州が主役となるか。

 温首相が欧州各国を訪問することにも留意。


 ちょっと時間がないんで簡単に。

 お料理教室に行ってきます。


 それじゃあ、また明日。



にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
旧ブログ→プクッチイズム


 『マネパの外貨両替・受取サービス』のポイントは下記のとおりです。

┏━☆★━・━・━・━━ここがポイント! ━━・━・━・━・━━┓

  ☆ポイント1:両替手数料が格安☆
  当社なら、空港や銀行で現金を外貨に両替した場合と比較すると、
  格安で外貨両替が可能です。
   - ? ─ ─ ─────────────── ★
   【1,000USドルあたりの両替手数料】
    
     約1,000?約2,000円の節約!
   
  ★☆★当社の場合:1,000USドルの場合⇒ 約206円+(500円※)
    ★空港の場合:1,000USドルの場合⇒約2,000?約3,000円
    ★銀行の場合:1,000USドルの場合⇒約2,000?約3,000円
    
  ※成田受取の場合は別途事務手数料500円が発生いたします。
   
   - ? ─ ─ ─────────────── ☆
   
   【1,000ユーロあたりの両替手数料】

     約3,000円の節約!

  ★☆★当社の場合:1,000ユーロの場合⇒約211円+(500円※)
    ★空港の場合:1,000ユーロの場合⇒約4,000円
    ★銀行の場合:1,000ユーロの場合⇒約4,000円

外国為替証拠金取引|マネーパートナーズ


スポンサーサイト
Comment
ちょっと立て込んでるので利確。

80.50 +2000円
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

pukuttch

Author:pukuttch
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
763位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
224位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR