12月2日のプクッチの戦略

 戻り売り。


 東京時間にGPIFが為替ヘッジをはじめたという情報が流れて、一旦は122円中盤まで落ち込むも、その後は徐々に上値追い。

 米指標第一弾IMSは下振れながらも、米利上げ観測は後退せず。

 ダウはプラス189ドルで引けた。


無題
チャートはFXネオ


 世界主要株価と為替がシンクロしなくなったのは、他に材料を求めてのこと。

 相場が薄い状態なんで、ちょっとしたネタにも相場は過敏に反応する。

 GPIFのネタがそうで、これは動いた瞬間は何故動いたか?を把握出来なかったはず。

 年末相場はこうしたチョッピーな動きが出るので注意したい。

 重要米指標の結果が悪くてもドル円は底堅く推移したことに注目したい。

 こういう場合、押し目を推奨する人が多いが、マイナス要因でも相場が下がらない場合、合わせ技で一気に下がることが多い。

 今日以降も続く米指標の結果で一喜一憂するとみるが、総合的に見てマイナスならばどこかで調整が入るはず。

 そして、その逆の方向に動くべく結果が出るのが雇用統計。

 大体はこの法則で動くが、今月は12月で欧米にとっては決算期。

 その辺も考慮に入れたい。

 基本的にはドル円は戻り売り。

 まだ上値追いの余地はあるが、利上げ後は下がる。

 利上げで爆上げもあるんで積極的に売りポジションを作ることは避けたいが、目線は売りで。


 今年も残り僅か。

 ユロドルはプラス域にまで来てるが、パリティまで引っ張りたい。


 それじゃあ、また明日。


 にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ



 スキャをやるにはスプ準固定制業者のほうが有利です。

FXプライム
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

pukuttch

Author:pukuttch
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
730位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
216位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR