7月14日のプクッチの戦略

 更に様子見&ハゲの上院アドリブ期待。


 昨日のハゲ発言はFOMC議事録に沿った内容だったとは言え、ややサプライズの感あり。

 ハゲはここ最近、足元のインフレリスクを気にしたり、追加緩和はないというような発言を繰り返した中での「追加の政策支援が必要」発言は意表を突いた形。

 これによって怒涛のドル売り祭り開催。

 QE3への伏線を引いたとも見えて、ダウはこれによって上昇。

 金相場もこの調子だと1600くらいまで行くんではないか。

 量的緩和は間接的な介入と同じ。

 こうなって来ると日銀や日本政府の出方が気になる。


無題
 チャートは


 ここまで来ると、その前のムーディーズの欧州格下げはハゲ発言の前座だったようにも思える。

 欧米の泣き合戦もここに極まれりか。

 YAKARAもサマーバケーション前の一勝負とばかりに盛んに相場を動かしてくる。

 乱戦模様だ。

 ムーディーズは米国債格下げのアウトルックを発表。

 野田佳彦財務相は介入を匂わせる発言。

 日銀砲の発射準備は万全か。

 介入するとなれば75~77円レベルだと思うが、益々ドルの価値が下がる中、ドルを買い込むことは日本の財政リスクが高まることを意味する。

 上に行っても下に行っても日本にとっては泣ける展開。

 今日のハゲ上院発言は昨日の発言に沿ったものになると思うが、以前のようにアドリブサプライズ発言があれば更にドル売りは加速か。

 アドリブ発言とは具体的な金融緩和策に触れた場合。

 こうなって来ると攻め手に欠く。

 正直に言ってどう動くかわかりません。

 ちょっとやりすぎなんじゃないかな~。

 いや、何が?ってわかりませんけど。

 うまくフラットな視線でいれた人はビックチャンスだったと思いますが、ハゲはやっぱりQE3を企んでいたのかという思考がなかったらユロとかは戻り売ってたんじゃないでしょうか。

 今日は手堅く様子見。


 今日も名古屋は晴れですね。

 目の調子が悪いんで今日様子見て治らないようなら明日は眼科に行ってきます。


 それじゃあ、また明日。



にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
旧ブログ→プクッチイズム


7月限定スーパー低スプドル円0.4pユロ円1.2pポン円2.2p

ドル円0.5p
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

pukuttch

Author:pukuttch
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
751位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
211位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR