11月11日のプクッチの戦略

 様子見。


 まさかのトランプ当選で市場は混乱。

 昨日は米国が休日であったため、NY時間に大きな動きはなかったが、イニシャル・クレームの改善、ダウの大幅上昇と円が売られる要素がいっぱい。

 対ユーロでもドル買いが急速に進んでいることから、今最も強い通貨はドルということになる。

 ダウは200ドル超えの上昇で1万9千ドルに迫った。


無題
チャートはFXネオ

 ヒラリーが今まで通りの政治家なら、トランプは新しいタイプの政治家。

 強い米国を目指すのが米国大統領の仕事だが、トランプは「米国は貧しい」と保護貿易主義を打ち出している。

 こうなってくると、風が吹けば桶屋が儲かる理論で、強いドルのほうが良いのか?

 米国債利回りの上昇がドル買い要因になっているが、その一方でダウも上昇と「貧しい米国」どころか「豊かな米国」になりつつある。

 ドルも全面高になっていて、どこまで上昇するかは不透明。

 作戦は様子見。

 国内の社会保障の充実というような政策をやっていけば、やがてドルは落ちていくと思うが、その時期がわかり辛い。

 一から戦術の見直しが必要。


 そら、米国って一部の人だけがセレブだからね。

 国民の大半は古い政治に飽き飽きしてるんだろうな。


 それじゃあ、また明日。


 にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ



 スキャをやるにはスプ準固定制業者のほうが有利です。

FXプライム
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

pukuttch

Author:pukuttch
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1089位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
344位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR