8月3日のプクッチの戦略

 大下落後のロング、もしくは吹き上がり後のショート。


 昨日は日本時間前と仲値後に瞬間的に77円台後半をつけたが、ポジを取る間もなく押し戻される。

 かなり引っ張ってきた米議会動向に決着がついた割にはドル円の戻しは鈍い。

 また、昨日の米指標はISMに続いて弱い結果に。

 特に個人消費の落ち込みは米景気の弱さを如実に表している。

 先のISMでも主要三項目「雇用」「生産」「新規受注」が軒並み落ち込んでいることから、米景気の先行き不安感はこの先も数字になって表れそうだ。


無題
 チャートは


 右下20m足での水色←は瞬間的にドル円が吹き上がった場所。

 チャンスと思った時には既に長い上ヒゲを伸ばしての行って来い状態だった。

 何だったんだ、あれ?

 相場はスイスフランの独歩高。

 対円に対しても101円台を記録して、いくらなんでも行き過ぎの感があるが、金相場の上昇から考えるとリスク回避の動きが鮮明になっている。

 ドル円は多少なりとも戻しの買いが入っているのに、スイスフランはその傾向が見られない。

 今日辺り調整の動きが出るかもしれないが、ダウはここ最近連日の下落。

 さすがに今日の米指標は強気の数字が出るかもしれないが、ADPまで弱いと相場は再びドル売りで反応か。

 しかし、ADPとNFPは逆の数字になることが多く、あまり信用出来ない。

 市場の反応も限定的になるか。

 が、薄い相場の中で強引に仕掛けてくるYAKARAもいないとは限らない。

 今週は月曜から大荒れで相場の薄さは半端じゃない。

 ポジションサイズを小さくしつつチャンスを待ちたい。

 ドル円は78円近辺に来ればお試し売り。

 大下落すれば日銀砲期待のロング。

 ロングする場合の目処は史上最高値付近でお試し、76円割れでやや強気、75円割れで強気の買いを推奨したい。

 日足ボリンが方向を変える兆候が見えており、一旦は上に攻める可能性もあり。

 ショートの場合は深追いは避けたい。


 一昨日の静岡の地震も不気味でしたが、最近の名古屋の天気も不気味です。

 暑くありません。

 夏はどこに行ってしまったんでしょうか?


 それじゃあ、また明日。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
旧ブログ→プクッチイズム


7月限定スーパー低スプドル円0.4pユロ円1.2pポン円2.2p

ドル円0.5p
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

pukuttch

Author:pukuttch
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
898位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
278位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR