1月5日のプクッチの戦略

 戻り売り。


 FOMCはややタカ派的な内容だったものの、東京時間に入ってドル安。

 これは日本勢が相場に戻って来たことを意味する。

 ダウは+60ドルで引けた。


無題
チャートはFXネオ

 多分だけど、このドル売りは一巡すれば、また上昇する。

 その時にドル買い材料が出るかに注目。

 米指標が良ければFOMCの内容が間違いなかったと判断されることからドル買い継続。

 逆に米指標が悪ければドル売り材料。

 元々上がる速度が速かったのでどこかで調整が入るのは間違いないところで、ここで飛びついて売りで入るのもどうか。

 もう一度上がったところで戻り売りを仕掛けたい。
 
 節目は大きく見ると122円台までありそう。

 そこに行くまで入るタイミングを待つか、今から売りを仕込んでおくかは悩むところ。

 状況次第ではどっちにも行く。

 ただ、トランプが大統領に就任すればドル売りに傾く可能性が高い。

 今月の終盤にはその答えが出るわけで、強気で仕掛けるのなら今が売り処か。

 欧州の状況を見て上がれば売りで入りたい。


 風邪で寝込んでいたので体力がかなり消耗しました。

 ちょっと歩くだけで息切れ。


 それじゃあ、また明日。


 にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ



 スキャをやるにはスプ準固定制業者のほうが有利です。

FXプライム
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

pukuttch

Author:pukuttch
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
914位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
300位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR