3月9日のプクッチの戦略

 戻り売り。


 昨日は予想以上に強い米雇用指標を受けてドル買い相場へ。

 利上げ観測が更に高まってダウはマイナス65ドルで引けた。


無題
チャートはFXネオ

 雇用は景気目安の最終指標を言われるだけあって、雇用が持ち直しているとなると利上げもしやすい。

 今週金曜の雇用統計前のADPはあらためて米景気が回復している数値となった。

 しかし、ADPと雇用統計の数値が全く逆になることも多い。

 特にその時の為替事情によってドル高にしたいのかドル安にしたいのかによって、わざとじゃないか?と思えるほど違う数字が出る。

 今の状況を考えると、これ以上のドル高を米国は望んでいるのか?

 利上げが前提となってる状況で雇用統計が良い数値であれば、ドル円は上に吹っ飛ぶだろう。

 多分116円に届くと思う。

 そうした状況は米国にとって好ましくない。

 絶対とは言えないが、今週の雇用統計は悪い数値が出ると思う。

 ギャンブル的要素が強いが、ここは116円バックの戻り売りを仕掛けたい。


 中々暖かくならない。

 洗濯物の厚い生地のものは一日で乾かないな。


 それじゃあ、また明日。


 にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ



 スキャをやるにはスプ準固定制業者のほうが有利です。

FXプライム
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

pukuttch

Author:pukuttch
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
730位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
216位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR