8月9日のプクッチの戦略

 日銀砲待ち。


 昨日は早朝にG7が共同宣言を出したため、大きなドルの下落というのはなかったが、それでもドルは各通貨で売られた。

 米格付け会社は狂ったように格下げを連発。

 ファニーメイやフレディ・マック、バークシャー・ハサウェイまでも格下げの対象に。

 ダウは600ドル以上も下落し、大暴落と言ってもいい。

 リスク回避指向が強くなっており、怒涛の円買い攻撃がいつ出てもおかしくない状況。


無題
 チャートは


 よく考えてみれば米国債にしてもファニーメイやフレディ・マックにしても、格下げされるのはある意味当然。

 今までトリプルAだったこと自体が不自然。

 ようやく米国も自国の置かれている立場に気がついたと言ってもいい。

 ドルスイなどは行き過ぎた感があったので多少の戻りが入ってるが、問題はいつ各国がドル買いの協調介入をするか?ということ。

 ドル円は前回単独介入したのが77円のちょっと上の辺り。

 この辺で介入するんじゃないかな~という世間の皆さんの思惑があると思うが、その前にどこまで下値を試すか。

 75円割れも一時的にはありそうで、今のレベルから買いで入るのは正直、勇気がいる。

 勇気というか、もったいない、と思ってしまう。

 下手すれば74円割れがあってもおかしくない状況で、いつ日銀砲が出るのか。

 その前にYAKARAはどこまで下に攻めるのかが焦点。

 今日の中国指標、そしてFOMCに注目。

 まさかのハゲ発言が出るかもしれない。

 こうも米国の信用がなくなるような格付けが連発されると、ハゲとしても何らかのアクションを見せる可能性あり。

 ダウが大きく下落していることから、量的緩和について何か触れるかもしれない。

 そうなれば怒涛のドル売り祭り開催になるだろう。

 今日の焦点はFOMCのハゲ発言にあり。

 まあ、多分寝てるんでどうしようもありませんが。

 ドル円の作戦は76円台でお試し買い、75円割れでやや強気の買い、74円割れで超強気の買い。


 今日はちょっとお出かけしますんで、日本時間は相場を見てることが出来ません。

 中国指標で多少なりとも動くと思いますが、残念ながらスルーするしかない。

 日銀砲は普通に考えて前回発射された地点で再度発射されると考えると思いますが、そこでロングするのは早計のような気がしないでもない。



 それじゃあ、また明日。




cp_gaiyou.jpg

キャンペーン期間

2011年8月1日(月) ~ 2011年8月31日(水)営業日終了まで

キャンペーン条件

キャンペーン期間中、「クイックチャート・トレード(QCT)」で2回以上お取引し、
キャンペーン申し込みされたお客さまに、「30分足で儲ける!FXデイトレシステム投資術」
(山中康司著/日本実業出版社/定価1,800円(税別))をプレゼント!
(1) キャンペーン期間中、「クイックチャート・トレード(QCT)」で2回以上の取引
(2) キャンペーン申込み受付期間内に、キャンペーンへ申込み完了

※前回キャンペーン(2011年6月20日~7月31日)の対象のお客さまは、今回のキャンペーンは、対象外となります。
※取引回数は、今回キャンペーン(2011年8月1日~8月31日)期間中での取引回数が、条件となります。

申込み受付期間

2011年8月1日(月)午前11:00 ~ 2011年9月1日(木)午前10:00まで
(お取引に関しては、8月31日(水)営業日終了まで)







にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
旧ブログ→プクッチイズム


スーパー低スプドル円0.4pユロ円1.2pポン円2.2p

ドル円0.5p
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

pukuttch

Author:pukuttch
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
795位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
245位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR