10月25日のプクッチの戦略

 突っ込み待ちのロング。


 昨日は安住財務相の口先介入もあってドル円は76円ミッドまで盛り返す場面もあったが、すぐに押し戻されている。

 売り圧力が相当強い。

 もう一つ二つストップを切りに来るんではないか。

 ダドリー連銀総裁の発言によってQE3への期待感が高まりダウは12000ドル近辺まで上昇。

 米企業決算も好調でややリスク回避の流れが後退。

 しかし、二番底懸念は消えておらず、ユロドルは1.4を前に利食い優勢状態。


無題
 チャートは


 ドル円の動きは投機の動きで、どちらに行くかは不透明。

 下に突っ込めば75.50、75.00のストップが狙われることになり、ストップが切られれば74円台に突入もあり。

 戻りは直近安値高値を結んだフィボ23.6で抑えられており、まだまだ下に攻める気充分な体制。

 しかし、安住財務相の口先介入が出たところを見るといつでも日銀砲は発射出来る。

 日銀砲が出るなら仲値以降ということになるので、仲値前にドル円が上に行っていてもショートで勝負するのは危険な感じ。

 今日はゴトー日でもあり仲値はある程度動くか。

 指標では米消費者信頼感指数に注目。

 材料としてはまずまずのオカズ。

 数値次第では下に突っ込むのもあり。

 いずれにしろ、今のドル円の動きは投機の動きなので投機筋がポジションを投げれば自然にドル円は77円方向に向かうと見る。

 米国国債利回りが上昇してることから円は売られやすい地合いあり。

 そろそろG20や来月雇用統計への思惑を織り込みに来るか。

 明日のEU会議2回戦目を前にユロは要人発言で動くか膠着するか。

 ドル円は一旦、YAKARAの的から外されて今日はあまり動かないんではないか。

 しかし、この前の仕掛けも突然だっただけに油断は禁物。

 突っ込めば押し目買いで。


 頭では疲れてないと思っていても体は疲れていたと見えて長野遠征のせいで昨晩は眠剤に頼ることなく寝れました。

 今日はバレーの練習をするつもりですが、お天気は生憎の曇り。

 降水確率は50%を超えていて練習出来るかどうか不安です。

 県大会は明日ですんで今日練習出来ないとフレンドリーマッチから進歩のないまま試合に臨むことになります。

 それは避けたい。

 雨が降らないよう祈るのみです。


 それじゃあ、また明日。



にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
旧ブログ→プクッチイズム


当ブログナンバー1認定業者
FXプライム
一日400本以上配信の為替情報

スーパー低スプ

ドル円0.5p
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

pukuttch

Author:pukuttch
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
763位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
224位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR