今週の展望

 今週は重要指標がテンコ盛り。

 31日には欧消費者物価指数(速)、1日に英GDP(速)、米ISM、2日にADP、3日にイニシャル・クレーム、ISM非製造業、4日に雇用統計。

 焦点は金曜雇用統計だが、特にサプライズはなさそうな感じ。

 失業率が横ばいで推移するならあまり動かないか、もしくはリスク選考のドル売りが出るか。

 政策金利関連のものも、1日にRBA、2日にFOMC、3日にECBと続く。

 最初にオージーの利上げがあるかどうか、市場のコンセンサスは0.25の利上げを織り込んでいるが、ここで据え置きだとややサプライズか。

 新興国の景気失速とも取られリスク回避の流れがいきなり出るか。

 そしてFOMC。

 ここではバーナンキがQE3に触れるようだとサプライズだが無難に通過しそう。

 ECBは新総裁ドラギがどのような声明を出すかに注目。

 ただでさえ注目されているユロだが、ドラギはタカ派かハト派か。

 そして週末に予定されているG20会議。

 今やその存在感はG7よりもあるが、G20でも景気減速が確認されるような声明が出されるとリスク回避の流れが復活しそう。

 先週末にドルストイコビッチはかなり動いたので、その流れが継続するか、それとも利食いの動きが先行するか。

 今週は指標結果、要人発言次第と言った感じで大相場も予想される。

 ドル円がドンドンストップを切っていけば75円割れもありだが、日銀砲の登場もありか。

 あまりに下がりすぎちゃうと戻しても77円に届かないかも。

 世界的に株価が上がり、リスク選考の流れが出たとしてもドル円の上は重いか。

 今週も買い下がる予定だが、ジワジワと下がるドル円は中々チャンスがない。

 75.40にメガストップが観測されており、そこを割られると75円割れもあり。

 そして日銀砲がいよいよ登場か。

 前の介入では3円ほど押し上げたが、74円台に入ってしまうと戻しても77円台。

 そのレベルでは利食いの売りに押されると思うので断固たる介入は無理かも。


 今月もあと二日ですね。

 年末はもうすぐそこ。

 1年の流れって本当に速いですね。


 それじゃあ、また明日。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
旧ブログ→プクッチイズム


当ブログナンバー1認定業者
FXプライム
一日400本以上配信の為替情報

スーパー低スプ

ドル円0.5p
スポンサーサイト
Comment
出たか?日銀砲?
2L76.13→78.13 ++40000円

分割決済。
2L75.74→78.29 +51000円

欲張らずに。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

pukuttch

Author:pukuttch
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1089位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
344位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR