今週の総括

 今週は一時期、ドル円は76円半ばまで高値を更新するも後半は盛り返した。

 米雇用統計は強気の数字。

 しかし、欧州のリセッション懸念や米連銀総裁が相次いで住宅市場の弱さを指摘。

 何らかの金融緩和策が採られるとの見方からドル円は発表直後は上値を窺う展開を見せたが、それ以上の上昇なく77.20から並ぶ売りをこなせず。

 77円を割って週を終えた。

 米雇用統計結果は年末要因も強かったと思えるが、一連の米経済指標はあまり信用出来るものではないような気がする。

 日本バブル崩壊の時のことを思い返してもらいたいが、景気が一旦は回復すると見えて日銀は金融の引き締めを行ったが結局は景気は腰折れし、失われた10年を過ごすことになった。

 米国も住宅市場が安定しない限り、隠れた不良債権はいつでも米景気の腰を折るだろう。

 欧州の危機によって米国債は利回りが低下しているが、今週一連の米指標を見て来週ある3年10年30年の米国債入札は好調な結果に終わるだろう。
 
 更なる米長期金利の低下で円は買われやすくなるんではないか。

 既にユロ円は98円割れを示現しており、そろそろ底を打つかと思わせつつ、来週イタリア、スペインの国債入札がある。
 
 結果次第ではユロは更に売られ、底なしの状態になる。

 当然欧州の危機は米国にフィードバックされると思うが、誰もそのことに言及しないことが不思議。

 欧州も危ないが米国も危ないという認識は変わらない。

 新年最初の週でしたが、今週はノーエントリーでした。

 口座への入金が遅れたこともありますが、ドル円一本勝負の自分としては入りどころはありませんでした。

 思うに日本はこれだけの円高、震災の影響を受けながらも景気は持ち直しています。

 日本経済の底力は凄いと自分は思うわけですが、日本の事情は為替相場にほとんど影響を与えません。

 円はこの先も買われると思うんだがな~。


 今日、名古屋は良い天気です。

 洗濯物を片付けてみようと思います。

 新年初洗濯です。

 
 それじゃあ、また明日。



にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
旧ブログ→プクッチイズム


当ブログナンバー1認定業者
FXプライム
一日400本以上配信の為替情報

スーパー低スプ

ドル円0.5p
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

pukuttch

Author:pukuttch
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1194位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
384位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR