今週の展望

 先週はほとんど動きのなかったドル円。

 今週はいよいよ3月が終わり新しい年度が始まる。

 1日には米雇用統計がいきなりあり、波乱の一週間となる可能性も。


無題

 ここ最近の動きを見てみると、緩やかなアップトレンドを形成しつつあった中、中東・北アフリカ情勢や地震によって大変動を起こし、先週はほとんど綱引きの状態。

 今週も地震や中東・北アフリカ情勢の突発的なファンダによって相場が動く可能性が高い。

 中東・北アフリカ情勢が逼迫してくればリスク回避の動きから円が買われやすい。

 また地震の保険金などが実質的に払われるのはこれからということもあって、阪神大震災後の65日後に史上最高値をつけたことを考えるとドル円の上は重いと見る。

 が、年度が代わってリパトリによって償還されていた円が市場に戻される。

 最近になって雇用数値が良くなって来ている米国のNFPが好結果となればリスク選考の円売りもある。

 相場とは本来、未来を先読みして動くものだが、先週の動きはどちらにもリスクを感じて膠着した感じ。

 下に行きたい素振りを何度か見せたと思うが介入警戒感から下げ渋り。

 金曜終盤になってようやく81.30を超えて来たが、そこから上はまた上げ渋り。

 正直に言って今週もどっちに行くかわかりません。


 自分としては下に行く可能性が強いと思うが、下に行くともう一発くらい日銀砲が単独で撃たれそう。

 断固たる決意を見せるならここしかない。

 しかし、今回の震災によって日銀は大量の資金を市場に配給している状態で、普通に考えるとこれは円安要因になる。

 もう一度下に攻めてからある程度反転か、ある程度上昇してからの反転か。

 可能性は五分五分。

 リビアに話題が集中しがちだが、バーレーンやイエメン、シリアも不安定な状態に。

 リビア情勢に一応の型がつけば次は他の中東国が相場を動かす材料となり、何だか延々と続くメビウスの輪のようだ。

 ユロも上がったり下がったり忙しいが、いよいよスペイン、ポルトガルの大型償還期間が迫ってきた。

 この辺のリスクを考えるとユロは売られポンドは買われるんではないか。

 下手にポンドでショートポジ持ってしまったので、ポジトークを込めてユロはちょっと落ちてくれまいか。

 そしてドル円はちょっと上がってくれまいか。


 先々を見ると今回の地震で日本政府が念仏のように唱えていたTPP参加が出遅れそうだ。

 これに出遅れるとある程度は相場にも影響が出るんではないか。

 ただTPPって、日本は参加国とは既に他の条約を結んでいることが多く、参加して関係があるのは米国だけ。

 食料自給率が他の先進国に比べて低い日本が、TPPに参加して良いことってあるんだろうか?

 米国は牛肉始め食料品の門戸開放を望んでいるわけで、下手にTPPに参加すると却って日本は悪いことのほうが多いような気がしないでもない。

 今回の地震で日本人の国民性は世界各国から賞賛の声が挙がっているが、日本政府の対応には不満の声が。

 国民は一流だが政治は二流と言われるそのままの評価が海外ではされているようだ。

 
 いずれにしろ、今週も出たネタで動くだろうが、どっちに行くかはわかりません。

 ドル円は下に行きたい感じに見えますが、介入を警戒して下げ渋ってるというのが自分の所感です。

 一旦上に行ってから落ちてくれるのが自分としては理想。

 地震、中東・北アフリカ情勢で週前半は動きながら、金曜米雇用統計を目指した動きで終盤からは方向性が出るといったイメージで今週は相場を見てみようと思います。


 今日は和太鼓の演奏を見に行きます。

 こういう時期ですから、派手なお祭りみたいなのは何ですが、地味なお祭りに行ってきます。



 それじゃあ、また明日。



  東北地震募金・ボランティア

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
旧ブログ→プクッチイズム
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

pukuttch

Author:pukuttch
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
983位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
302位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR