今週の展望

 今週もドル買い・円売りの流れが続くか。

 HF勢は揃って円ショートのポジションを減らしている。

 今週は金曜に雇用統計があるが、事前の噂では1月並みの24万前後になると市場では囁かれている。
  
 期待感で円売りが継続する可能性は大きい。

 更に円が売られている要因としては日本の貿易収支や経常収支に注目が集まっていることから8日に財務省から発表される1月国際収支状況にも注目。

 大幅な経常赤字となった場合、今後日本の経常赤字定着の思惑から円は売られやすくなる。

 週明けはギリシャ問題に一服感が出て上に窓を開けてスタートするんではないか。

 一方で円が買われる要因としては年度末を意識したレパトリによる円買い、欧州債務問題の再燃、米雇用統計が事前予想を大きく裏切った時QE3への思惑が高まること。

 日米の金利差は僅かながらもドルが優勢。

 流れ的には今週もドル円は上値をトライするだろうが、欧州問題にしても米雇用問題にしても、いずれも不安定な状況で流れが一変する可能性もある。

 が、少なくとも今週は金曜米雇用統計を中心に動くはずで、ドル円は82円にトライ、更には83円にタッチするところまで行く可能性もある。

 この円安によって輸出企業の想定レートは75~77円だから、日本の年度末期の決算は強気に転じる可能性もある。

 本来なら3月に下髭を伸ばして4月決算発表でもう一段安になるところだが、今年は様相が違うようだ。

 取りあえず、押し目もなく上がり続けていることから、今週の金曜まではこの勢いが続く可能性が強い。

 しかし、米雇用統計が発表された後は良きにつけ悪きにつけ、次の材料探しとなるだろう。

 今週、相場を見る目は上げ上げ目線で。

 ショート専門の自分としてはバイナリーの検証をするしかないとも思っている。

 が、今週は一日も空いてないというスケジュールで、ある意味、上げ上げ相場を見なくて済むという副作用もある。

 いずれにしろ、しばらくの間、ドル円は上値を追う展開を予想する。

 しかし、オバマの輸出倍増計画ってどうなったんだろうか?


 昨日の夜、名古屋は暖かったですね。

 灯油を買ってしまったんで無理矢理使おうと思ってストーブ点けてたんですけど、気持ち悪くなってすぐに消しました。

 桜の季節がやってくる予感ですね。


 それじゃあ、また明日。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ


当ブログナンバー1認定業者
FXプライム
一日400本以上配信の為替情報

スーパー低スプ

ドル円0.5p
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

pukuttch

Author:pukuttch
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
688位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
197位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR