4月7日のプクッチの戦略

 福島原発ネガティブニュースで昨日日本時間は円売り。

 独指標良くユロは買い、ポンドは英指標が悪かったがポン円の下値は限定的。

 ダウが堅調だったことからリスク選考の流れは変わらず。

 ポルトガルが国債償還を前にEUに支援要請ネタも相場は押し目と判断されて買われる始末。

 相場の焦点は福島原発、各国の利上げ、出口戦略の行方次第か。


無題
 チャートは


 ドル円は週足雲に迫ってきた。

 07年から続いたダウントレンドラインも同じような位置にあり、ここを抜けれるかどうかが勝負処。

 ここを抜けると09年から続いたダウントレンドが次の目標になる。

 それでも一本調子で上がり続けるドル円。

 4月が元来、円安に振れやすいと考えるとドル円は果たしてこのまま上抜けするか?

 したらしょうがなし。

 86円を抜けたら仕切りなおし。

 が、震災から一ヶ月経って、そろそろドル円も調整が入るか。

 ユロは各国のソブリンリスクを全く無視した形。

 仮に今、利上げしたとしても利上げに耐えれる経済力を持っているのは極一部の国ではないか。

 何となく危なっかしい気もするが、断続的な利上げが実行されるならば買いか。

 今日にECB政策金利発表を控え、本当に利上げされるのならユロは更に上値追いか。

 もし、利上げされなかったとしても来月に向けての利上げ期待感が高まるだけで、落ちたとすれば押し目と捉えるべき。


 今日の作戦としてはドル円が雲に入るかどうか。

 86円を抜けていくようだとショートポジは全てスクウェアして、もう一度作戦の建て直し。

 過剰な円売りが是正されるなら今日辺りが好材料出尽くしというわけのわからない理由での戻しに期待。

 BOEは5月に利上げというコンセンサスなので今日利上げされれば、ややサプライズか。


 しかし、シックリ来ない。

 実需の動きだけを追えば欧州のソブリンリスクは量的緩和と変わりないほど市場にユロを流すことになる。

 米国のQE2打ち切りはほぼ規定路線だが、日本もバブル崩壊後、一時的に景気が上向いた途端利上げして一気に景気は減速した。

 同じようなことが起こるような気がしないでもない。

 まあ、思い込みは禁物なので、テクニカル的に86円を出口と考えて、抜ければクロス円の押し目を拾うという形で対処したい。


 今日は、また、歯医者に行ってきます。

 今週は病院に通い詰め。

 気が滅入りますね、正直な話。


 それじゃあ、また明日。



 東北地震募金・ボランティア

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
旧ブログ→プクッチイズム

 セントラル短資は情報量、テクニカル面でも優秀。

[ご紹介]
2011年4月4日(月)より、リアルタイム為替情報サイト「FXライブ!」の情報・分析コンテンツを拡充しました。リアルタイム配信される為替情報を中心に国内外の株、金・原油など世界経済・金融市場における最新情報や今後の見通し、注目材料を1日約400本配信。
またテクニカル分析ツール「テクニカルマップ」では、その時々の為替レートがどのテクニカル指標の近辺で推移しているかが一目で確認できるようになるなど、ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析両面からお客さまのお取引をフルサポートいたします。
スポンサーサイト
Comment
ようやく
ようやく、ドル円-クロス円共に天井を打った感じです。
といって、何度も失敗しているので「用心」は、必要ですが、、、。
微妙ですね。

今日のトリシェ発言では、まだユロは上値を追う可能性もあると思います。

しかし、全くソブリンリスクを無視とは・・・。

今まで過剰な円高だったと捉えるべきでしょうか。

正直、ここからではロングもショートも入り辛いです。

でもユロ円って上がりすぎような気もするけどな~。

でもユロ円ってトレンドが出来ると長続きするしな~。

でも投機の動きとしか思えないよな~。

でもユロ円勝負してないから、まあ、いいか。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

pukuttch

Author:pukuttch
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1194位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
384位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR