7月17日のプクッチの戦略

 ハゲの議会証言待ち。


 昨日、米小売売上高が悪かったことからドル売り相場に。

 NY地区連銀景気指数が良かったことから更なるドル売りにはつながらなかったものの、今日のハゲの議会証言を前にQE3に対する思惑が高まった。

 ダウは指標発表時こそ下値を拡大したが、後半はQE3期待から持ち直した。


無題


 ようやく窓を埋めた形ですね。

 ここから下髭を伸ばして反発するか、そのまま77円台に突入するかは今日のハゲ議会証言にかかっていると見ます。

 具体的な量的緩和策が出るのならドル売り、出ないのなら膠着状態。

 噂では利付け水準を引き下げるのではないか?という噂が流れてますが、どうなるかは実際に聞いてみないとわからない。

 どっちにも行く可能性があって、今日は様子見を作戦としたい。

 勿論、戻れば絶好の戻り売りのチャンスと捉えたい。

 LIBOR問題で揺れるポンドは消費者物価指数、小売物価指数、独欧ではZEW、米ではGSの決算発表、消費者物価指数、対米証券投資フロー、鉱工業生産に加え、ハゲの上院での議会報告と。

 今日はどの通貨も動きそうですね。

 うまく流れに乗れれば良いですが、一気に動かれちゃうとお手上げ。


 今日は手話教室に行ってきます。

 よく考えたら先週、誰とも話をしたことがなかったことに気が付きました。

 暑すぎて家に籠りがち。

 これじゃあ、いけませんね。


 それじゃあ、また明日。



にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

pukuttch

Author:pukuttch
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1194位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
384位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR