8月23日のプクッチの戦略

 様子見。


 FOMC議事録の内容を受けて相場はドル売りで反応しました。

 しかし、ダウは思ったよりも反応してませんね。

 期待感だけで米景気の底入れ幻想がありましたが、所詮はこんなものです。


無題


 まだ相場は薄い状態だと思いますんで、このまま下値に突っ込むかは難しい問題ですね。

 日本の介入警戒感も再び台頭するでしょう。

 この辺を押し目としてロングする方法もあると思いますが、出来ることなら確実に77円台、76円台に突っ込んでからロングしたいですね。

 そのまま史上最高値更新もあり。

 今日は欧州系の指標が結構ありますね。

 特にドイツGDP(改)や非製造業PMIはある程度注目されるでしょう。

 ベイではイニシャル・クレームですね。

 ここ最近は減少傾向にありましたが、季節要因もあったと思います。

 しかし、大統領選を前にしてイニシャル・クレームの上昇は避けたいところ。

 更に住宅指標が続きますね。

 雇用、住宅は米景気の減速感を測るには良い指標。

 当然悪ければ円買いで反応すると思います。

 今週はこのあと大した指標がないんで、来月雇用統計やFOMCに焦点は移ってると思います。

 それだけにFOMC議事録の内容はややサプライズとして市場に受け取られましたね。

 このレベルでは売りも買いも難しい。

 今日の作戦は様子見です。


 中国にしても韓国にしても、陰険な雰囲気が漂ってきましたね。

 米国ではオバマに近い議員が日中戦争の可能性にまで言及しました。

 しかし、その内容を見るに、まずは日本が単独でやれ、米軍の出番はその後というニュアンスに近いですね。

 日中が本当に戦争状態になるかは不明ですが、ここらでガツンと言っておかないと中国はお調子に乗り過ぎ。

 日本包囲網どころか、中国のほうが包囲されてるわけですから、そろそろ周辺諸国は一致団結して中国の確信的侵略に対応する必要がありますね。

 中国とも領土問題を抱える韓国。
 
 もし、日本が引けば次の標的は韓国になるはず。

 その辺まで考えてほしいですね、韓国には。

 親書返送って有り得ないことをやりますね。

 少しずつですが、アジアに地政学的リスクが上昇した、という認識でいます。


 それじゃあ、また明日。



にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

pukuttch

Author:pukuttch
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
795位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
245位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR