9月25日のプクッチの戦略

 お試しロングもありだが・・。


 昨日はアジア株が軟調に推移したことから、ドル円は下値を窺い78円割れ。

 独IFOも予想より弱い数字が出てユロ売り。

 全体的に見ればリスク回避の動きになりつつあります。

 今日は米で住宅指標と消費者信頼感指数がありますね。

 ケース・シラーって前はあんまり意識されない指標だったんですけど、最近になってそれで動意付くことがある指標になりつつあります。

 同じように米住宅価格指数もある程度、相場に影響を与えるかも。

 消費者信頼感指数は米景気を見るには丁度良いですね。

 前回から改善されてるという予想がされてますが、悪ければドル円は買われると思います。

 ドル円が直近突っ込んだのは77円前半。

 さすがにこのレベルに来ると日本勢の口先介入が始まりますが、そんなことしなくても日中関係がこじれるようだと円は売られる可能性もあります。

 中国次第という面もあるのでドル円はちょっと難しい感じがしますね。

 中国は日米関係の分断を狙ってるようですが、あるアンケートによると米国人が一番信用していない国は中国です。

 また一番信頼している国は英国ですが、日本は二番目に位置しています。

 そうしたことから日米関係が分断されるということは多分ないと思いますが、米国にも中国ロビイストがいますから、どうなるかはわからないといったところが本当のところですね。

 日米豪韓の合同軍事演習が韓国の日本艦寄港拒否で演習内容が変えらました。

 韓国は日中関係がどうなるかを見ている感じがします。

 日本が中国に押されるようなら韓国は対日強硬路線を採るかもしれない。

 習次期国家主席は、日本はアジアで第二次大戦中アジア国家に多大な傷を負わせた、と言ってますが、そう思ってるのは中国と朝鮮二か国だけでしょう。

 しかし、アジア諸国の地政学的リスクの上昇はこの先、もっと相場に織り込まれてくるかもしれませんね。

 今や中国の経済抜きに世界経済は語れないですから。

 韓国にしても豪州にしても中国経済に依存してるわけですから、日本の国際的地位や経済が停滞するようだと日本が孤立してしまう恐れもあります。

 そうなった場合、ドル円はどうなるんでしょうね?

 円安に振れるような気がするんですが、難しいところです。


 昨日はバレーの試合で勝ったんで飲み過ぎ。

 寝坊しました。

 勝った瞬間も嬉しかったですけど、一日経って試合を振り返ると、またジワジワと勝利の余韻が体中を駆け巡りますね。

 多分、次に施設に行った時、職員から祝福の言葉をもらうと思いますが、そこでもまた勝った喜びが再燃しそうです。


 それじゃあ、また明日。



にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

pukuttch

Author:pukuttch
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
751位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
211位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR