9月28日のプクッチの戦略

 昨日は来月国慶節の間に、中国が金融緩和に踏み切るとの憶測から中国株が上昇。

 リスク回避の巻き戻し的な動きになった。

 しかし、ドル円は狭い幅のレンジに終始。

 NYタイムでは米指標はイニシャル・クレームは強い結果で、他の経済・住宅指標が悪かったにも関わらず円売り・ドル買いがやや優勢に。

 それでも方向感は乏しく狭い範囲でレンジ。

 上値が段々下がってきている。

 ダウは久しぶりに72ドルプラスで引けた。

 今日は日本の指標がありますが、これは無視して良いと思います。

 問題は中国指標ですね。

 金融緩和の思惑が強まってることから、数値次第では円買い、円売り、どちらにも動きそう。

 それでも78円にタッチ出来ないようだとドル円はじり高か。

 米ではGDPに個人所得・消費がありますね。

 が、今日は週末でもあり、月末でもあります。

 既に来月雇用統計に相場の焦点を移ってると思うんで、調整的な動きになるんではないでしょうか?

 週を通して円高模様だったんで、NY終盤にはそのポジションが手仕舞いされてやや円安で引けるか。

 しかし、無理をする場所でもなし。

 今日の作戦は様子見。


 今日はお料理教室に行ってきます。

 そろそろ秋の食べ物が出回ってますね。

 秋刀魚が美味しい季節になりました。


 それじゃあ、また明日。



にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

pukuttch

Author:pukuttch
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1194位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
384位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR