5月3日のプクッチの戦略

 特になし。

 昨日はウサーマ・ビン・ラディーンネタとトリシェネタで相場は動き、米ISMは好結果だったことからドルの買い戻しへ。

 しかし、これがトレンド転換となるか利確の動きであるかは流動的。

 既にドル売りはオーバーシュートとも見れて、今日からロンドン勢が参戦するので日本時間終了時には気をつけたい。


無題
 チャートは


 ドル円は81.00を何度も試すが割れず。

 割れれば相場が薄かっただけにある程度までの下落を想定したが粘り腰。

 攻めても割れないなら反転するのが相場の常識。

 今も81.00を攻めているが割れるかどうかは欧州時間に注目したい。

 昨日のトリシェ発言はどっちかというと利上げに意欲的と見るべきか。

 政策金利と非伝統的手段は別物ということは、ユロ駄目国家救済と利上げは無関係と取れる。

 ならばユロは利上げを織り込みに来るか。

 ユロは大きくドル買いになったがロンドン勢はどう判断するか。


 取り合えず今日は特に相場に入る予定はなし。

 昨日はウサーマネタで上昇した時にチョイ売り。

 81.00割れに期待したが割れず。

 割れないなら反転するの法則に従って手仕舞いしたが、仮に割れたとしても80円台に入ると買いが入りやすい。

 YAKARAが下に攻めて来るのなら怒涛の80円割れもあるが、日経は1万円台に回復しておりそろそろリスク選考の円売りがドル売りを凌ぐか。

 米金利が低下していることからドル円においてドルは売られているが、クロス円の上昇が引き金となって81.00が堅ければ反転もあり。

 しばらくは米指標を睨みながらECB、BOEの出方、そして金曜雇用統計までにどう動いているかに焦点を絞る。

 今はフラットな状態。


 名古屋は昨日天気が良かったのに、またしても曇り空。

 どうなってるんでしょうか?

 一応、洗濯物は取り込めましたが、新たに洗った洗濯物は干したまま。

 五月晴れが名古屋には来ません。

 これも異常気象の影響でしょうか?

 二酸化炭素の排出量が問題視されてましたが、日本は放射能を放出しているんでいくら二酸化炭素排出量の目標が高くても意味がありませんね。


 それじゃあ、また明日。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
旧ブログ→プクッチイズム


 『マネパの外貨両替・受取サービス』のポイントは下記のとおりです。

┏━☆★━・━・━・━━ここがポイント! ━━・━・━・━・━━┓

  ☆ポイント1:両替手数料が格安☆
  当社なら、空港や銀行で現金を外貨に両替した場合と比較すると、
  格安で外貨両替が可能です。
   - - ─ ─ ─────────────── ★
   【1,000USドルあたりの両替手数料】
    
     約1,000~約2,000円の節約!
   
  ★☆★当社の場合:1,000USドルの場合⇒ 約206円+(500円※)
    ★空港の場合:1,000USドルの場合⇒約2,000~約3,000円
    ★銀行の場合:1,000USドルの場合⇒約2,000~約3,000円
    
  ※成田受取の場合は別途事務手数料500円が発生いたします。
   
   - - ─ ─ ─────────────── ☆
   
   【1,000ユーロあたりの両替手数料】

     約3,000円の節約!

  ★☆★当社の場合:1,000ユーロの場合⇒約211円+(500円※)
    ★空港の場合:1,000ユーロの場合⇒約4,000円
    ★銀行の場合:1,000ユーロの場合⇒約4,000円

外国為替証拠金取引|マネーパートナーズ


スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

pukuttch

Author:pukuttch
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
766位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
238位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR