5月21日のプクッチの戦略

 様子見。


 昨日は甘利発言を受けてドル円は下窓発進。

 その後は窓を埋めることなく下落。

 FOMC議事録やハゲの議会証言を前に調整の様相を見せている。

 ダウはマイナス20ドルほどで引けた。


無題


 日本政府がこれ以上の円安は悪影響を及ぼすという見解を示した以上、日銀による異次元の緩和は既に功を奏したと取って良いでしょう。

 ちょっとこれ以上の円安を日本が望んでいない以上、上に行くのは難しい感じがしてきました。

 ドルインデックスも低下中で、昨日の動きは円高というよりもドル安と見たほうが良いと思います。

 それもこれもフェドの動きに相場が注目しているわけで、日本側の事情ではこれ以上円安は進まないと思います。

 作戦的には売りで勝負したいところですが、米国が出口戦略の前倒しをするようですと一時的に円安は進行するでしょう。

 しかし、もう上値余地はあまりなくなってきた感じです。

 ショート勝負で良いような気もしますが、今日のところは様子見します。

 日本時間は中国指標にも注目。


 喉が異常に痛いです。

 物が飲みこめないとかそういうレベルじゃない。

 唾を飲みこんでも痛い。

 この後、病院が開き次第行ってきます。

 耐えれん。


 それじゃあ、また明日。



にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

pukuttch

Author:pukuttch
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
795位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
245位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR