8月27日のプクッチの戦略

 戻り売り。


 昨日は方向感なく、狭い幅でのレンジ。

 米指標は強弱混合ながらも耐久財受注が予想を下回ったことがドル売り材料に。

 ダウは指標を無視して上昇したが、シリア問題などに嫌気がさされてマイナス64ドルで引けた。

 15000ドル割れ。

 米財務相は債務上限が10月に到達すると声明。

 再び、米財政リスクが意識されるか。

 どうせ、また議会で上限を上げるだけだと思うけど。


無題


 シリアの問題は有事のドル買いでドル買い要因になるかと思いきや、ドル売りで反応。

 既に通貨の世界は株価本位制と言っても過言ではないので、株価が下落する材料にはドル売りで反応するのか。

 米金利の上昇は住宅市場の回復を遅らせてる模様。

 相場の焦点は来月雇用統計に移っていると思うが、米経済指標が悪ければ量的緩和縮小は遠のく。

 何となく9月には無理なんじゃないかと思わせる指標結果は想定内か。

 FRBは9月に量的緩和縮小に踏み切らないというサインにも思える。

 そうなると怒涛の円買いもあり。

 作戦的には雇用統計を意識しながらも売りで勝負したい。

 仲値が過ぎた頃から売りで入れば2~30Pは抜けそうな感じ。

 月末でもあるんで長くポジションは保持したくないですね。

 ヒット&アウェイ作戦で今日は行きたい。


 本当に涼しくなりましたね。

 今日の朝は寒いくらい。

 天気予報を見るとお昼くらいは30度を超すようなんですが、秋が近づいて気がします。


 それじゃあ、また明日。




にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

pukuttch

Author:pukuttch
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1194位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
384位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR