8月28日のプクッチの戦略

 戻り売り。


 昨日はシリア情勢を懸念して円買い。

 米指標は総じて強い結果になったが、量的緩和縮小期待からダウは100ドル超えの下落。

 また住宅指標だけは悪い数値だったので、米景気に対する不安もあり。

 地政学的リスクの上昇が米国債が買われ、米長期金利が低迷。

 ドル売りに拍車か。


無題


 シリアを攻撃するのは既成の事実となりつつあります。

 問題はいつ攻撃するか?に焦点が移っています。

 西側諸国は攻撃するという感じですが、日本も参戦するんでしょうか。

 チャートを見ますと97円がキープ出来ないと一気に96円割れもありそうです。

 今朝方のダウの下げ方からすると世界同時株安状態になりそうです。

 97円が底堅いようなら見合わせるところですが、案外アッサリ下に行ってしまうと1円くらいは動きそうです。

 出来ることなら97円ミッドで跳ね返されたところまで上がってくれれば売りで入りやすいんですが、このレベルだと難しい。

 仲値に上がってくれるから売りで勝負したい。


 次の米国の目標はシリアでしたか。

 北朝鮮やパキスタンといったところも怪しかったんですが、結局はそっちなんですね。

 米軍の在庫一掃セールが見られるかも。

 アジアも中韓がうるさいですね。

 日本は孤立しそうです。


 それじゃあ、また明日。



にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

pukuttch

Author:pukuttch
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
983位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
302位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR