10月11日のプクッチの戦略

 戻り売り。


 昨日は米議会に対する楽観的な見通しからダウは300ドル超えのプラスで1万5千ドルの大台に復帰。

 イニシャル・クレームは大幅に悪化したものの、相場はそれに反応せず米議会の進展に注目した。

 オバマ大統領は共和党の案に反対したとも報じられたが、今のところ打開案を探ってるところ。

 ドル円は98円台に乗せてきた。


無題


 HF筋はデフォルトの可能性を考えたポジションは持っていないとの発言。

 多くの人がどこかで米議会は上限引き上げで手を打つと見ているよう。

 そして、それが実現するのはほぼ確実で、米国の小芝居はいつまで続くのか?

 既に相場は米議会の債務上限引き上げを織り込みに来ており、バイザルモアセルザファクトで言うとドル円は引き上げが決まった瞬間からドル買いになるのではなく円買いになるのではないか。

 今日、日本時間はダウの動きにつられて日経も上値を追い、ドル円は上を目指すかもしれないが上はそろそろ頭打ち。

 98円ミッド、99円が重いようだと反落すると見る。

 よって今日の作戦は戻り売り。

 しかし、哲がドル円が売りは売りと言ってるのが唯一の不安材料。


 今日はバレーの練習に行くつもりですが、洗濯物も溜まってる。

 どっちを片付けるか思案中です。


 それじゃあ、また明日。



にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

 プクッチ一押し業者
FXプライム
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

pukuttch

Author:pukuttch
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
766位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
238位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR