今週の総括

 今週は日本のM&Aや日銀会合を期待したような動きも出ましたが、全体的にはドル売り、円売り相場だったような気がします。

 欧州のソブリンリスクが意識されるような格好になりましたが、米経済指標もフラつきが目立ちました。

 何故か全く米国のソブリンリスクが意識されない為替相場ですが、そのうち意識されてくるでしょう。

 今月はHFの決算期間であることから、ある程度はポジションの調整でも動いたと思います。

 今週や来週の動きが本来の動きであるかは懐疑的。

 6月は日本の半期末期でもあることから、そうしたことが来週以降意識されるか。


無題

 これで見ますと、日本企業のM&Aのニュースが流れた時に円安に大きく振れたのと、米指標発表時に大きく振れてるのがわかりますね。

 後は各国の議事録や政策金利発表、中国指標なども意識されたようです。

 形的にはドル円は最終的に頭が重くなった印象です。

 原油相場が上昇して引けているのを見ると、まだまだドル安の流れは変わってないようにも思えます。


 今週は4戦3勝1敗+25500円でした。

 ポン円も一日ズレてのエントリーだったら100p抜きが可能でしたが、FXというのはいつ動き出すかというのがわからない。

 指標結果で動くならまだしも、今週のポンドは指標前から噂によって下落を始めました。

 セルザルモアバイザファクト状態でした。

 今週はある程度、相場の波にうまく乗れたと思います。

 ドル円が82円台まで乗せてきましたが、ある程度反発するのは仕方なしとして、フィボ32.8ラインでは強気の売り勝負が今週の明暗を分けました。

 来週も引き続き米指標の結果が悪いようなら、ドル売りが加速すると見ますが詳しい予想は明日の予想職人を待て。


 それじゃあ、また明日。



にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
旧ブログ→プクッチイズム


 『マネパの外貨両替・受取サービス』のポイントは下記のとおりです。

┏━☆★━・━・━・━━ここがポイント! ━━・━・━・━・━━┓

  ☆ポイント1:両替手数料が格安☆
  当社なら、空港や銀行で現金を外貨に両替した場合と比較すると、
  格安で外貨両替が可能です。
   - - ─ ─ ─────────────── ★
   【1,000USドルあたりの両替手数料】
    
     約1,000~約2,000円の節約!
   
  ★☆★当社の場合:1,000USドルの場合⇒ 約206円+(500円※)
    ★空港の場合:1,000USドルの場合⇒約2,000~約3,000円
    ★銀行の場合:1,000USドルの場合⇒約2,000~約3,000円
    
  ※成田受取の場合は別途事務手数料500円が発生いたします。
   
   - - ─ ─ ─────────────── ☆
   
   【1,000ユーロあたりの両替手数料】

     約3,000円の節約!

  ★☆★当社の場合:1,000ユーロの場合⇒約211円+(500円※)
    ★空港の場合:1,000ユーロの場合⇒約4,000円
    ★銀行の場合:1,000ユーロの場合⇒約4,000円

外国為替証拠金取引|マネーパートナーズ


スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

pukuttch

Author:pukuttch
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
795位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
245位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR