12月9日のプクッチの戦略

 様子見。


 金曜雇用統計は予想よりも強い数値でドル円は売りで反応。

 発表直後は上下に振れたものの、行って来いまでにはならずに上昇。

 ダウはプラス200ドル近くで引けたことから、リスク選考の円売りが出やすい形。

 FRBの量的緩和縮小期待も高まって円は全面安状態。

 103円は先週末の時点では突破していなかったが、今日は上窓を開けて103円台乗せ。


無題


 NFPは強い数字が出ましたが、実際の問題として米国の雇用状況は改善しているかとなると微妙。

 既に就職を諦めた人や就業率は高くなっても退職する人も多く、失業率の低下が実感されるほどのイメージはない。

 しかし、ダウが大きく騰がって引けたことから、日経を中心にアジア株も上昇するか。

 FRBへの緩和縮小期待から更なる上のストップを切りに来る可能性もある。

 が、相場は既にクリスマス休暇に入っている輩も多く、かなり薄い感じ。

 チョッピーな動きには気を付けたい。

 今日の作戦としては様子見です。

 FOMCでどういう声明が出されるかが相場の焦点となりつつあります。


 今日は免許の更新に行ってきます。

 別人のように痩せた顔写真になります。


 それじゃあ、また明日。




にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

pukuttch

Author:pukuttch
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
983位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
302位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR